さんさん日記

【さとちゃんレシピ82】意外と知らない!?包丁のおはなし

 

切れる包丁を使っていますか?

こんばんは、食事班です。

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

今年最初の里ちゃんレシピは、お料理をするときには欠かせない道具「包丁」についてのお話です。

包丁の種類や用途、切れ味のことやお手入れのことなど、実は意外と知らなかった~!という内容もあると思いますよ☆

ステイホームで料理をする機会も多いので、新調してみたらいかがでしょう?

 

包丁の種類

さんさんでは3種類の包丁を主に使っています。(写真左:ペティ、写真中央:牛刀、写真右:三徳)

写真右の三徳包丁は初心者向け、中央の牛刀包丁(シェフナイフ)は西洋の万能包丁と呼ばれ、一般のお家では三徳か牛刀のどちらかが主流だと思います。

どちらも使いやすく使う頻度も高いですよね。

ペティは牛刀の小型版でくだものや小さい野菜を切るときに便利です。

 

この2本は旧食事班の包丁(^^)

写真左が出刃包丁、写真右が牛刀です。さとちゃんが魚をさばくときには、この出刃包丁を使っています。

個人的に思いますが、軽い包丁は使いやすい気がしますが切るときに力を使うので少し重みのあるものを使ったほうが料理の時に疲れない気がします。

そして一番それがわかるのが「鶏もも肉」。ぐにぐにしてて身は切れるのに、皮が切れない…

冷凍して半解凍で切るとかラップしてから切るとか技はあると思いますが、何より切れる包丁で刃先から手元まで包丁を長く使うようにしたらストレスなく綺麗に切れますよ(^^

 

包丁の切れ味について

普段何気なく使っている包丁ですが、実は包丁の切れ味だけで変わることがたくさんあるんです!

あまり知られていないようですが、包丁が切れるとこんなにいいことがあります(^^)/

 

素材の味が活きる>

野菜や肉、魚には、繊維がありますよね。その繊維を潰すか潰さないかで味は変わるんです。

何度も押したり引いたり繰り返し切ったものと、一度でスパッと切れたものとでは、舌触りが全然違いますよ(><)

スパっと一度で切ることで素材の味を損なうことがないんですね♪

 

<見た目がキレイに仕上がる>

トマトや魚の切り身などの柔らかい食材がスパっと切れると、切り口の角がハッキリしていて美味しそうに見えます♪

 

<ストレス軽減>

切れる包丁があるとキャベツの千切りを永遠にすることができる気分になります(笑)

そして玉ねぎなど刺激のある野菜を切れない包丁で切って、涙を流す羽目になった…という悲しいことがなくなります!

よく研いだ包丁で切ると、玉ねぎの細胞を壊すことが少なくなるので、涙を流すことなく切れるように(^^)

これって小さなことだけど結構ストレスなんですよね(><)ごはんづくりに対するストレスが少しでも減るのはうれしいことですよね♪

 

<肩こり解消>

無駄に力を入れることなくスーッと切れるので、腕も肩もガチガチになりません。

肩こりさんは少しラクになるでしょう(^^)

 

<怪我の防止>

刃物全般に言える事ですが、切れないものを使っていると素材から外れて手を切る事があります。

もちろん勢い余って手を切る事がありますが、切れる分慎重になったり正確に切ったりしますので怪我する事が少なくなります。

 

包丁のお手入れについて

包丁の切れが悪くなってきたとき、シャープナーなど使ってお家で研ぐのも良いですが、一度専門の研ぎ師さんに研いでもらうのがおすすめです♪

さんさんでは定期的に宮文刃物店さんに包丁研ぎをお願いしています(宮文さんで購入した包丁は1年間無料で研いでくれます)。

もちろん宮文さん以外で購入した包丁でも研いでくれますし、プロの方に研いでもらうと切れ味が全然違います!

是非一度お試しください♪

 

※包丁の雑学

包丁がどうしてそう呼ばれるようになったか、ご存知ですか?

中国の古典「荘子」に出てきた伝説の料理人「包丁(ほうてい)」さんの名前が日本に伝わり、料理に使う刃物の事を「包丁」と呼ぶようになったという説があります。

昔々、中国では皇帝の食事のために料理人は試験で選ばれていて、ほうていさんはこの試験で皇帝の前で、牛一頭をさばいたそうです。

そのあまりのあざやかさに、みんな惚れ惚れしたんだそうですよ☆

牛一頭をさばくには包丁の切れ味もバツグンだったことでしょう(^^)

 

ということで、美味しいお料理の裏側には愛情や素材ももちろんですが、道具も関係してるんですね。

包丁の変え時って良く判らないと思いますが、思い立ったら吉日!毎日使うものなので新年最初に奮発して自身に合うものを見つけてみましょう。

特にパパにお料理を手伝ってほしいなぁって思ってるママは、パパ用包丁とエプロンをプレゼントしてみたらいかがでしょうか。

旧食事班は包丁とyoutubeのお陰でお魚を3枚におろせるようになりました!綺麗に3枚におろせたときの達成感って他に代えがたいものがありますよ!

  • 【さとちゃんレシピ82】意外と知らない!?包丁のおはなし はコメントを受け付けていません
  • 里ちゃんレシピ

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る