【さとちゃんレシピ9】もう一品追加♪豆腐のみぞれ煮

あまっちゃう材料を上手につかいましょ

こんばんは、食事班です。

さっぽろ雪まつりが始まって、世界から沢山の人達が来ていますね。

今週のさんさんはお泊りの赤ちゃんが居ないので、静かで寒い夜に感じます。

 

豆腐のみぞれ煮

前回は豆腐を作った時に出る残り物「おから」を使ったメニューでしたが、今回は冷蔵庫の中で余りがちな「豆腐&大根」を使ったメニューです。

お豆腐1丁は使いきれると思って買うんですが足が早いせいもあって、どうしても少し残りがちですよね。

夏なら冷ややっこで良いのですが、冬なので温かいお豆腐にしましょう。

材料 2人分
  • 豆腐 半丁
  • 大根 5センチ程
  • 水 100cc
  • 白だし 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 彩りであれば小葱

 

大根は擂って、お豆腐は水から出し食べやすい大きさに切ります。

 

大根おろしに水、白だし、みりんを入れて沸いたら豆腐を入れてください。

豆腐に火が通ったら味を見て、味が足りなければ白だしとみりんで味を整えましょう。

 

小鉢に盛り付けて出来上がり。

彩りで小葱があればキレイですし、おろし生姜がを添えても美味しいです。

ポイント

冷蔵庫に余りがちな大根と豆腐を使った簡単なお料理なので、一品足りない時に作ってみてください。

パパのおつまみにでも最適ですし、冷めたらお子様も食べやすい一品です。

大根は消化促進に良く、口の中がさっぱりする材料なので、刺身のつまやおろして焼き魚に添えたり、納豆に入れたりと色んな食べ方がありますね。

 

もちろんサラダでも美味しいですが、今日は大根が余った時に試して欲しいをひとつご紹介。

余った大根をおろして、ジップロックへ。

ジップロックの中にお肉をイン!

早くて30分、長くて翌日にお肉を取り出し、さっと水洗いしてから調理してみてください。

たったこれだけで、お肉がとても柔らかくなります。

さんさんカフェでお出しするザンギなどもこうしてひと手間かけて作っています~(^^

みぞれ煮も、おろし漬けも是非お試しくださいませ。