【さとちゃんレシピ7】2日目が食べ頃、がんものふくめ煮

あき兄ちゃんイチオシでした!

こんばんは、食事班です。

今年は雪が少なめで気持ち的にも体力的にも楽な感じがしますね。

でもこれから冷え込む時期ですし、インフルエンザも流行っていますので皆様湿度を上げ気味にして暖かくしてお過ごしくださいませ。

 

がんものふくめ煮

年末年始にお泊りに来てくれた、あき兄ちゃんがとても気に入ってくれたメニューの紹介です。

ママが帰宅されてから作って食卓に出したら「さんさんで食べたやつだー!」と、良く食べてくれたそうです。

お料理と一緒にさんさんの思い出してくれたなんて、感激ですね(^^

 

寝る前に小腹がすいたっていうので、小さいおにぎりとふくめ煮などを出したのですがふくめ煮を最初に完食しちゃったあき兄ちゃん。

 

材料2~3人分
  • がんも 1袋(8個位)
  • 昆布 20センチ位
  • 水 500cc
  • 麺つゆ 大さじ1.5
  • みりん 大さじ1

鍋に昆布、水、麺つゆ、みりんガンモを入れて加熱開始。

 

落し蓋をして中火で10分くらい煮ましょう。

煮終わったら30分程休ませて、冷めるのを待ちましょう。

冷める時に味が沁み込みます。

 

盛る時には一緒に煮た昆布を刻んで盛りつけてください。

ポイント

さんさんにある料理本の中にあったレシピです。

酒・みりん・砂糖・醤油で味付けをするように書いてありましたが、手早く簡単にするために麺つゆとみりんにしました。

作ったらすぐに食べたいものですが、煮汁と一緒に2日位冷蔵庫で寝かせてから食べるとより一層美味しく食べれますよ。

もぐもぐしたい時期のお子様が居る場合は、にんじんも一緒に煮ると彩りにもなって一石二鳥です(^^

 

揚げ物や練り物は煮ると美味しいお出汁が出るので、お買いものの時に1つ買っておくと便利な食材です。

お肉のおかずの代わりにもなりますし、ごはんが進むのでバリエーションが広がると思いますので是非お試しください。