【産後ケア入院】ゆ~くんがお泊りに来てくれました♪

産後ケアでママのお悩み解決です(^^)v

今年も残すところ、数日になりましたね。

12月はたくさんのお友だちが遊びに来てくれて楽しいさんさん助産院でした。

 

今週お泊りに来てくれたのはゆ~くん♪

ママは初めての育児にわからないことがいっぱい。

ネットで調べてみるけど、どの情報を信じていいのかわからない(>_<)

頭の中で絡まった情報の糸を整理しつつ、ゆ~くんの子育てがより楽しくなるように…と思っての産後ケア入院です。

ゆ~くんは、さっぱり系のイケメンくん♪

わたしはしょうゆ顔って思ったのですが、記録班は塩顔って言ってました。

皆さんはどう思います?

 

おっぱいはたくさん飲めているのに、その後に泣く場合は再度おっぱいを与えていたようです。

「泣いたら欲しがるだけおっぱいをあげてもいいよ~」とは言いますが、1時間おきにたくさんのおっぱいを飲むと、さすがに消化しきれずお口から出てきてしまいます(^^;

 

授乳間隔のリズムを作らないとママも休めないしゆ〜くんも落ち着かないので、泣いたときには抱っこしてみるとゆ~くんスヤスヤとお休みモードになりましたzzz

2泊3日のうちに1時間おきだった授乳のリズムが3時間前後に整ってきて「ペースができてくると私もおっぱいサインがちょっとわかるようになってきました」とママ。

 

そして、2泊3日の滞在中にわかったことがもう一つ。

ゆ~くんは、ちょっとビビりやさんってこと。

仰向けや物音で、赤ちゃん特有のモロー反射というビクビク反射が出ちゃいます。

これの対策は・・?

“胸センサーを作動させないこと!!”

そのためにも抱っこがとても重要です。

頚が座るまで縦抱きはできないと思っていたママに、縦抱きをお教えしました。

 

次はママの番。

数日何度も繰り返し抱っこすることで、すっかりママは抱き上手に、ゆ~くんは抱かれ上手になりました(^^)v

 

だっこする表情に余裕が感じられますね(^^

ママはだっこ紐を使っての抱っこも練習してマスターしました。

 

その後ママは身体を休めている時以外は、1階でわたしがどんなふうにお世話しているのかをモニタリング( ..)φメモメモ

都度疑問を感じたり、気がついたことを色々話してくれました。

食事班の里ちゃんには、お料理のレシピも教えてもらったり、お家で役立てられるヒントも見つけてくれたようです。

 

ママお気に入りの一枚(^^

 

今年は沢山のママと赤ちゃんに産後ケアをご利用いただきました。

来年も、1人でも多くのママの楽しい子育てを応援できるように頑張りたいと思いますp(^^)q

ゆ~くん、次はベビマでお待ちしています٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

 

9月から始まった札幌市産後ケア事業札幌市在住の4か月未満のお子さまを持つママで、一定の条件に当てはまる方に、札幌市が費用を9割負担してくれます。

さんさん助産院は産後ケア事業委託助産院ですので、この事業による補助を使った産後ケア入院ができますので、利用を検討されている方はいつでもご相談くださいませ。