だ~るまさんがこ~ろんだ♪

だるまさんがころんだのイラスト

赤ちゃんの着地はまさにこんな感じ(笑)

せっかく赤ちゃんが眠ったのに、布団やクッションにおろすとすぐに起きちゃう・・ってことありますよね?

赤ちゃんが眠りにつくまでに要した時間も台無しになる気がしてがっかりしちゃう方も多いのではないでしょうか?

眠った赤ちゃんやクッションなどにおろす(さんさんでは着地と呼んでいます)には、ちょっとしたポイントがあります。

それが、“だーるまさんがこ~ろんだ”です。

 

①まずは、あかちゃんに眠ってもらいます。

眠りにいざなうポイントは、曲を使ったり赤ちゃんのリズムに合わせて揺れたりと色々な方法があります。

(寝かしつけにおすすめな曲については→コチラをご参照ください)

②冬など冷たい場所に着地するときは、温度差で起きてしまうことがあるので、ママやパパの体温で温めておきましょう。

③赤ちゃんに着地を気づかれないように、少しずつ段階を踏みながら態勢を整えていきます。

ここでわたしは“だ~るまさんがこ~ろんだ”を口ずさみながら着地していきます。

  1. まずは、立って揺らしているところから揺れるのをやめます
  2. 次に着地場所付近で座ってみます
  3. 着地する態勢(横向きとか仰向けとか)に少しずつ動かしていきます
  4. ゆっくりと寝かせます
  5. 寝かせた後は、少しお尻を揺らしてあげてだっこさせている感覚を残してあげましょう
  6. ゆっくり手を離して赤ちゃんがそのまま眠り続けてくれれば、成功です!(^^)!

ポイントは、「やれやれ寝た寝た」と雑に赤ちゃんを寝かせないこと(笑)。

特に小さい月齢の赤ちゃんにはモロー反射があるので、ゆっくり大切に寝かせてあげましょう。

着地時の感じ方には個人差があるので、すべての赤ちゃんに有効なわけではないことをご了承くださいませ。

 

ぜひ、試してみて下さいね٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪

Tagged on: