さんさん助産院は普通のお家です♪

さんさん助産院外観

さんさん助産院 お部屋紹介♪Part1

助産院というと、病院に近いイメージを持っている方が多いと思いますが、一軒家のところもたくさんあるんですよ。

さんさん助産院もこんな普通のお家です。

1階のフリースペースは皆さんも入ったことはあると思いますが、他のお部屋も気になるという方もいらっしゃるかな?と思ったので改めてお部屋の紹介をしたいと思います。

 

さんさん助産院には宿泊できるお部屋が3つあります。

今日は、そのうちの1つをご紹介します(^v^)

宿泊室1

まずは、1号室から。

宿泊のお客さまには、空いていればお好きなお部屋を選んでいただいています。

1号室は、助産院の裏が校庭なので窓からの見晴らしが人気ですb(^^)

 

宿泊室(就寝時)

こんな感じで、ママと赤ちゃんは一緒のお布団に寝ていただいています。

ベッドから落ちる心配がないとおっしゃるママが結構多いんです。

 

お布団で寝る床生活には、他にも良いことがあるんですよ(*^^)v

出産後すぐは身体の水分バランスが崩れて足が浮腫んでいるママが多く、さんさん助産院に来ていただいた翌日にはかなりの方の浮腫みが減ります(あくまで個人の感想です)。

退院後に落ち着く時期であったり、お食事が和食中心なのもあると思うのですが、この床生活も理由の1つではないかと思っています。

椅子やベッドだと授乳中も足をおろして座っていることが多くなりがちですが、床生活なら足を下ろす機会が少なくなるので、その分身体の水分が足の方に行きにくくなり浮腫みが減るのではないかとも思っています。

 

20151027-2

産後すぐは、出産のダメージで直接お尻をつけて座るのは辛いママが多いので、直接床に座らなくて良いようにビーズクッションを円座として使っていただいています。

このビーズクッションはお尻がハマる円の部分を自分の好きな大きさに調整できるんですよ。

便利グッズを使う事で床生活でも不便を感じることはないようで、出産後しばらくはご自身の寝室もベッドをやめて布団生活にする方もいらっしゃるんですよ(^^)

 

一緒のお布団に寝るのは窒息するのではないかと心配するママにも、予防や対策について説明していっしょにやってみると、赤ちゃんもママも良く眠れるようです。

体温や息遣いを感じられることは、赤ちゃんにもママにも安心ですよね(^v^)

さんさん助産院の産後ケアは、出来るだけお家にあるものを使い、お家に帰ってからの育児を想定してケアを行っています。

ご自身の準備した用品をお持ち込みいただき、使い方を覚えて帰っていただくことも大歓迎です!(^^)!

 

助産院の内覧や詳しいご説明をご希望の方は、まずはお気軽にお電話下さいね(^_-)-☆

次回は、どこをご紹介しようかなぁ。お楽しみに♪