ゆうくんが遊びに来てくれました♪

20151013

とうとう6kg超えです!(^^)!

さんさん日記では何度かご登場いただいているゆうくん♪

やや小さめで生まれた事もあり、ママの気がかりは順調に体重が増えているかと言うことで、おっぱいの相談やベビーマッサージに来る度に体重をチェックしていました( ..)φ

 

先日は、ママのおっぱいが詰まったようで授乳のときに痛みがあると助産院に遊びに来てくれたのです。

おっぱいケアの後体重測定をしてみたら、とうとう6kgを超えました!(^^)!

もうすぐ5カ月で、離乳食も始まるとますます増えていきそうですよね♪

 

気になるママのおっぱいはというと・・。

ママのおっぱいには白斑と呼ばれる乳腺が詰まってできた白いニキビのようなものができていました。

これは、授乳のときに痛みを伴うことが多いのです((+_+))

 

乳腺が詰まっている周りのおっぱいも硬くなっているので、赤ちゃんの舌も絡みにくくなってその部分の飲み残しがますます増える・・といった悪循環に陥ります。

なので、少しずつマッサージしながら詰まっている部分を取り除いていき、赤ちゃんが飲みやすいおっぱいの状態にして行くケアを施します。

出来るだけ痛みのないように、少しずつ時間をかけてゆっくりとマッサージを繰り返します。

白斑の大きさや詰まりの度合いによっては、一度に取るのが難しい場合もありますので、その場合は複数回のケアになる事もあります。

 

今回のゆうくんのママの場合も、詰まってすぐに来てくれたのですが白斑がかなり大きく一度では取りきれず(-.-)

ゆっくり処置して全体的に柔らかく吸いやすいおっぱいになったので、あとはゆうくんにも協力してもらって様子を見ることにしました。

一度のマッサージで詰まっている部分が取れなくても、詰まっていた部分の出口ができてしまえば後は赤ちゃんの協力でしこりが消えることがあるのですよ。

おっぱいが詰まる原因には、お天気や気温、血行、ストレス、授乳のときの赤ちゃんの態勢など、色々あります。

 

さんさん助産院ではゆっくりお話を伺ったうえでおっぱいを見せていただき、原因と対策を一緒に考えて対処していきます。

困った時は時間、曜日に関係なくお気軽にご相談下さいね(^_-)-☆