助産師ってどんなお仕事をする人ですか?

助産師とは、厚生労働大臣の免許を受けて、妊娠中の母親の医学的な観察・指導・ケアを行い、新生児の観察・沐浴など、妊娠から出産、育児まで母子の健康を守る活動を行います。

また、妊娠・分娩・産褥という狭い範囲だけでなく、思春期から老年期までの女性に関わる職業でもあり、性教育、不妊相談、家族計画、更年期への支援、といった様々な分野も関係諸機関と連携し、包括的な活動を行う職業です。

 

古くは「産婆さん」と呼ばれる職業で、一昔前は「助産婦さん」と呼ばれていました。

一番身近に感じる助産師は産婦人科での妊婦相談や分娩介助などを担当される方々、コウノドリの劇中では吉田羊さんの演じていた小松さんが助産師でした。

簡単に言えば「女性の体と赤ちゃんに関するプロ」という事なのかもしれませんね。