産後の夫❌産後の妻、ホントは優しくしたいのに…を受講して来ました♪

20150829-1

問題:あなたにとって理想の家族とは?2文字で答えよ。

以前エルプラザで見かけたポスター。

産後の夫❌産後の妻、ホントは優しくしたいのに…〜男性のためのエンパワーメント事業

男性のためのエンパワーメント事業とは、「家事や育児への参加」「ワーク・ライフ・バランス」など男性であるがゆえに抱えている課題について考える事業のようです(男女共同参画センターHPより)

楽しい子育てを応援しているわたしとしては、内容が気になりました。

 

さっそく電話で問合せしたところ、支援者の参加もOKとのことだったので本日受講してきました♪

会場には夫婦で来ている方がほとんどでしたが、ここでは男子と女子に席が分けられました。

夫婦も別々のグループに分かれて一つのテーマについて話しあいをするのですが、男女間での回答は違っていたり、回答が同じでも理由が違っていたり・・・。

男子の意見に女子がブーイング(-_-メ)なんてことも。不思議ですね。

 

意見の食い違いはストレスに変わります。

ストレスが多くなると、そのうち話すのも面倒になっちゃったりしますよね?

それでも、以心伝心なんてそうそうあるとは思えないし、せっかく言葉を持っているのだからやっぱり話をしないといけないんだなぁって講演を聞いていて思いました。

 

お子さまの1日の出来ごとはご主人に話しても、自分の出来事を話すママは少ないと思うんですよね(^_^;)

講演を聞いていて以前お客様に言われた言葉を思い出しました。

さんさん助産院のイベントに参加したママに「さんさんに行くと表情がスッキリして帰ってくるね」とパパに言われたと教えていただいたことです。

 

お子さまのことではなく、自分のことを聞いてもらうって実は女子にとってはとても嬉しいことだと思うのです。

話しを聞いてもらうだけで、女子の気持ちは軽くなるものなのですよ(^v^)ね?

後半あえてママではなく女子と表現してみました。

それは子供から見たらママなのですが、ご主人から見たらママでは無いですからね!

 

明日は日曜なのでお仕事お休みの方も多いと思います。

もし、これを読んだご主人がいたら、今日はお子さまのことではなく奥さまのお話を聞いてみて下さい。

今の体調、気になっていること、今週一番楽しかったことなどなどetc・・。

きっと色々な話が聞けて、あっという間に時間が過ぎてしまうかも・・?

 

このとき男子であるご主人に気をつけて欲しいことを1つ。

 

女子である奥さまの話は相談ではないので、それに対する意見やダメだしは無用ですから(^_^;)ね?

「どう思う?」「相談なんだけど・・」と言われた時だけ意見を言いましょう(^^)

きっと、話し終わった奥さまの表情は見違えるほど明るくなっているはず・・。多分・・。

冒頭の問題の答えもそれぞれで考えて、一緒に答え合わせしてみてくださいね♡

 

 

20150829-2

講演会が終わったあと、帰り道に今日の講師の渡辺大地さんの著書を買い求めました。

笑いあり涙もちょっとありで、バスの中で色々な感情をこらえて読むのは大変でしたが、ぜひパパに読んでいただきたい1冊です。

今後のさんさん教室でも少しずつお伝えしていけると良いなぁと思っています。

さんさん文庫に置きますので、興味のある方はお申し付けくださいね(^_-)-☆