ベビーウェアリングコンシェルジュに認定されました♪

へこおび後結び

今日は懐かしの写真からスタート♪

今回はベビーウェアリングコンシェルジュに認定されました。

まずはベビーウェアリングの説明から(だっことおんぶの研究所より引用)

精神面でも身体面でも一体感を得られるパーフェクトなだっこ、おんぶの方法がbabywearingです。
直訳は「赤ちゃんを身にまとう(こと)」。日本では赤ちゃんをだっこする道具をひとくくりにして「だっこひも」と呼びますが、リュック式のだっこひもやお んぶひも、ベビーカーなどは赤ちゃんを運ぶためのもの(babycarrier)です。それに対してスリングや多くの民族が伝統的におこなってきたのが babywearingです。

根本的に赤ちゃんを運ぶための道具赤ちゃんを身にまとう行為は違うという発想なんですね。

今回はこれを勉強しまして、コンシュルジュになってきたんです。

 

この写真は昨年の10月にだっことおんぶの研究所主催のだっことおんぶをとことん学ぶ講座に参加した時のものです。

もともとスリングは赤ちゃんとのコミュニケーションや抱きやすさ・気軽さで便利なグッズとしてわたしも使用していたのですが、この講座を受講してから、ますます抱っこが気持ち良いと感じるようになりました。

だって、赤ちゃんが自分にぺとって寄り添ってくれるんですよ!そしてすーすーと寝てくれるんです。

この気持ちよさをたくさんのママたちにもお伝えしたく、さんさん教室などでもご紹介しています。

でも、1回の講習を受けただけではなかなか上手にお伝えできずモヤモヤしておりました。

 

あれから9か月・・。

先月のベビースリングコンシェルジュ養成講座に引き続き、週末はベビーウェアリングコンシェルジュ養成講座を受講してきました♪

今回は、へこおび・タートリーノNEO・おんぶひもでの抱っことおんぶについて。

色々なおんぶや抱っこについて身体で覚えてきました。

道具がシンプルな分(へこおびは正直ただの長い布ですからね)使う側は慣れが必要ですが、良く理解して慣れたらとても便利で手放せなくなるものです。

わたしも汗だくで頑張り、ベビースリングコンシェルジュに続きベビーウェアリングコンシェルジュにも認定されました!(^^)!やった!(^^)!

今後も、赤ちゃんとママ(パパ)にとって気持ちの良い抱っことおんぶをご紹介して、楽しい子育てを応援しますp(^^)q

 

来月からはママたちに向けての講習会も開催して行こうと思っていますが、スリングや他の抱っこひもについてもご購入を検討中の方は今まで通り個別にも対応しています。

お気軽にお問い合わせくださいね(^_-)-☆