【産後ケア】めいちゃんが来てくれました♪

産後ケアのお泊りが4カ月までなのには理由があります♪

ほとんどの方は、今日でお正月休みも終わりでしょうか?

今年はお天気も良くて雪が少なく過ごしやすかったですね。

さんさんのお正月休みは、ときどきおっぱいトラブルの方がみえましたが、基本的にはのんびりでした。

昨日は記録班とラーメン始めに旭川ラーメン“鷹の爪”さまに行ってきました。

こちらは、わたしがオーダーした塩ラーメン。

こちらは記録班オーダーの味噌ラーメンです。

やっぱり、記録班の写真はわたしが撮ったのより美味しく見えますよね~(*_*;

休日お昼にラーメンを食べるというわたしのルーチンも再開し、今日でお休みも終わり。

さんさん日記もそろそろ通常に戻そうと思います。

 

今日は産後ケアのついてのお話。

産後ケアは産後であれば特に期限はないのですが、産後ケア事業の利用やさんさんでのお泊りや日帰りなど産後ケアの利用は4カ月までとなっています。

  • 産院での1か月健診のあとの行政での4か月健診まで相談できる場所がないこと
  • なかなか外に出られなくてきもちも不安定な時期ということ

などの理由があります。

4カ月まで利用できるのであれば4カ月ギリギリに利用したいと思うママも多いと思います。

 

めいちゃんが初めてさんさんにママとお泊りに来てくれたのは、生まれて2カ月のころ。

産後ケアは自分には関係ないなぁって思っていたママ。

めいちゃんのお世話は思っていたよりちょっと大変で、色々な心配ごとの相談と休息で産後ケア事業をご利用になりました。

その日は、おっぱいのことやめいちゃんとの過ごし方など気になっていたことを色々聞いて、夜もゆっくり休んで元気になって帰っていきました。

そして、その2カ月後・・。

間もなく4カ月になるめいちゃんとママが、お泊りに来てくれました。

前回と比べてリラックスしているママと、なにやら落ち着かない感じのめいちゃん(*_*;

ママによると、ほんの数日前からおばあちゃんの顔をみて泣くようになったのだそう。

生まれて4カ月になると、赤ちゃんにも自我が出てきます。

感受性の強い子は、環境の変化やママでない人との違いを敏感に察知します。

めいちゃんはとても感受性が強くて頭が良い子なので、普段のおうちと違う環境に戸惑ってしまったみたい。

結局、めいちゃんは落ち着かないまま、ママも思うように休めないまま、めいちゃんとママのお泊りは終わってしまったのでした( ;∀;)

その後も、MOMMEのお世話教室に来てくれてるけど、人見知りは相変わらずのめいちゃん。

早く、親戚のおばちゃん認定してくれると良いなぁと思うわたしです。

 

めいちゃんのように、環境の変化を敏感に感じてしまうと、ゆっくり休みに来たいと思っていてもそれが叶わない場合も出てきます。

  • 心配なことを色々と相談
  • 時にはお子ちゃまと離れてゆっくり休息

のサービスをママたちに受けていただくためにも、4カ月はある意味大切な月齢になるのです。

疲れがたまってしまうと、1泊や2泊休んでも疲れがとれないことも多くなります。

疲れてきたなぁと思ったら、ギリギリまで頑張らず早めにご利用いただくのが、ママとお子ちゃまにとってもおススメです。

まずはお電話でお気軽にご相談くださいね٩(๑′∀ ‵๑)۶•*¨*•.¸¸♪