エチケット袋も手作りです♪

チラシを使ってカラフルに♪

今週のさんさん助産院は出産後1か月未満のママと赤ちゃんが2組も来てくれました。

出産後間もないママは、ナプキンの処理にエチケット袋を多くなります。

ある日買った焼き芋の袋をヒントに、さんさん助産院ではエチケット袋も手作りしています。

今日は、その作り方(折り方)をお教えしちゃいます♪

 

<材料>

広告等のチラシ(ご紹介するエチケット袋にはA3サイズがおススメです)

わかりやすいように裏が白のものを使いましたが、外に色が出た方が中身が見えない気がしてわたしは好きです。

<作り方>

①2つに折ります

②輪を上にして、下から2回谷折りで折り目をつけます

 

この部分が袋の底になります。

③上の1枚だけ谷折りで折ります

④裏に返して、左側から谷折りにします

右側の紙の部分は袋が崩れないよう折り込む折りしろになります。

こんな感じです。

⑤折った部分に合わせて右側の紙の部分を谷折りにして、④で作った部分に差し込みます

2枚重ねになっているので、間に差し込みましょう。

さらに〇の部分を差し込み重ねると仕上がりがきれいです。

⑥底の部分を織り込みやすいように折り(白の線の部分を谷折り)、オレンジの部分に折り込みます

⑦完成です!

サイズ的には、女性用のナプキンを1つずつ入れて捨てるのにちょうどいい感じです。

2枚重ねで作っているので、耐久性もあり中も見えにくいですよ。

 

<応用>

  • もともと焼き芋屋さんの袋をヒントにしているので、新聞紙で作って焼き芋を入れたり
  • お野菜のおすそ分けに使うと、いただいた方もそのまま野菜庫に収納できて湿気対策にもなります

 

<注意>

  • 紙を使うので、指先は水分を取られてカサカサになるのでその後のケアをお忘れなく(笑)
  • 紙で手を切ると痛いので気をつけましょう

最後の折り込みの部分を上手に伝える文才がなくてごめんなさい( ;∀;)

いつでも実際にレクチャーしますので、気になる方はお気軽にお尋ねくださ~い(*’ω’*)