さんさん日記

【さとちゃんレシピ100】圧力鍋でお肉やわらか!豚の角煮

圧力鍋があれば簡単♪

こんばんは、食事班です。

今回のレシピは、圧力鍋を使った定番レシピ「豚の角煮」です♪ホロホロの柔らか~いお肉がとっても美味しいですよね(^^)

煮込み料理は美味しいけれど、これから気温の高い季節には避けたい!そこで登場するのが圧力鍋。

圧力鍋を使うと煮込み時間が短縮されて、素材が柔らかくなるなどメリットがたくさん!

今まで敬遠していたレシピも挑戦できるし、レパートリーも増えてお料理が楽しくなりますよ~♪

圧力鍋を使って何時間も煮込んだような柔らかいお肉を手軽に作ってみましょう(^^)/

 

豚の角煮

豚肉を一度下茹でしたら、調味料を入れて煮るだけ!

お肉を柔らかくするのは圧力鍋にお任せ♪短かい時間でホロホロの柔らかいお肉が出来上がります(^^)

付け合わせに小松菜のほか、ほうれん草やチンゲン菜、ゆで卵など添えても色どりがキレイですね☆

豚肉を下茹でしたときに出る汁は捨てずに中華スープやラーメンのスープすると美味しいです♪

無駄なく使えるのも嬉しいですね(^^)

 

材料(2~3人分)
  • 豚バラかたまり肉 500〜600g
  • ネギのあおい部分 一本
  • 生姜の薄切り ひとかけ
  • 小松菜 1/2束

<調味料>

  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 醤油 大さじ2
  • 水 500cc

さんさんの圧力鍋は3.5ℓです。だいたい3~4人分くらい作れる容量です。

まずは分量外のたっぷりの水で豚肉を下茹でします。

 

鍋に入る長さに豚肉をカットして、鍋に豚肉、たっぷりの水(分量外)、ネギの青い部分、しょうがを入れて強火にかけます。

煮立ったらアクを取り除き、蓋をして圧力鍋のピンが上がるのを待ちます。

 

ピンが上がったら弱火にして10分茹で、10分たったら火をとめてピンが下がるのを待ちましょう。

※加圧時間は圧力鍋によって違いますのでお使いの圧力鍋の取り扱い説明書を一度ご確認ください。

 

ピンが下がったらそのまま20分くらい置いて熱を取ってから肉を取り出し、卵Mサイズ位の大きさ切ります。

圧力鍋に残っている茹で汁は別容器などに移しておきましょう。(スープの出汁として使えるのでとっておきましょうね)

圧力鍋を洗ってから、肉とすべての調味料を入れて火にかけ、煮立ったらピンが上がるまで待ち、ピン上がったら弱火にして10分煮ます。

煮ている間、別の鍋で小松菜を茹でておくと時間の無駄がないですよ(^^)

 

10分たったら火を止めてピンが下がるのを待ち、ピンが下がったら蓋を取って、最後に強火で照りが出るまで煮汁をからめます。

器に盛り付け、小松菜を添えたら完成♪

 

豚の角煮を上手に仕上げるポイント

調味料を入れて煮るときには、茹で汁を使わないこと!

下茹でしたときに出た茹で汁は一旦避けて、水と調味料で煮ましょう(^^)/

脂っぽさがなく、程よくさっぱりとした仕上がりになって美味しいです♪

ご注意

※加圧時間は圧力鍋によって違いますのでお使いの圧力鍋の取り扱い説明書を一度ご確認ください。

  • 【さとちゃんレシピ100】圧力鍋でお肉やわらか!豚の角煮 はコメントを受け付けていません
  • 里ちゃんレシピ

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る