さんさん日記

【さとちゃんレシピ71】強火でほっくり♪かぼちゃの甘煮

これを食べたら秋って感じしますね!

こんばんは、食事班です。

今回のレシピは、先日産後ケアで来てくれたおーくんママからのリクエスト「かぼちゃの甘煮」です。

コツさえ掴んでおけば、べちゃっとならず、ホクホクしたかぼちゃに仕上がります♪

栄養満点で、やさしい甘みが美味しいレシピです(^^)/

かぼちゃを切るのにちょっと手間がかかってしまいますが(硬いので切るときは気をつけましょうね)、調理自体は10分もかからないお手軽料理なんですよ。

お子様でも食べやすいので、子供の分も一緒に作ってママはラクチンしちゃいましょう(^^)

かぼちゃが美味しい時期なので、是非作ってみてくださいね♪

 

かぼちゃの甘煮

かぼちゃを強火で煮るだけ♪

今回は彩りに枝豆を使いましたが、かぼちゃだけでも美味しいです(^^)

汁気を切ってマヨネーズとスライスした玉ねぎを加えてサラダにしたり、崩してコロッケにしたり、アレンジにも便利♪

さとちゃんのおすすめアレンジはグラタンとスープ(^^)どちらも美味しそうですね♪

色んなリメイクに使えるので、作り置きにも便利ですね☆

 

材料(作りやすい分量)
  • かぼちゃ 1/4個
  • 枝豆(さやから出したもの)
  • 水 200cc

<調味料>

  • 砂糖 大さじ1
  • 白だし 小さじ1

かぼちゃは食べやすい大きさにカットしておきましょう。かぼちゃが硬くて切れないときは少しだけ電子レンジにかけると切りやすくなりますよ。

荷崩れ防止と盛り付けのときにキレイに見えるので、少し手間ですが面取りしましょう(^^

枝豆は冷凍のむき枝豆で、自然解凍して使います。

 

鍋にかぼちゃと調味料と水を加えて強火で煮ます。

仕上がりが水っぽくならないように、ひたひたよりやや少なめで(水の量は200CCとしていますが鍋の大きさで深さが変わるので注意)

煮立ったら強めの中火にしてアクを取り、時々様子を見ながら8分ほど汁が少なくなるまで煮ます。

竹串を刺してスーッと通ったら火を止めましょう。

 

煮崩れ防止と味をより染み込ませるために、バットなどの別の容器に移し替えて粗熱を取ります。

※鍋のまま冷ますと余熱でかぼちゃに火が入り過ぎてしまうので、必ずバットなどに移し替えましょう。

この時に枝豆も一緒に入れておきます。

 

枝豆もほどよく散らして、器に盛り付ければ完成♪

枝豆の代わりにグリンピースや白ごまを振っても良さそうですね(^^)

 

かぼちゃの甘煮を美味しく仕上げるポイント

弱火でコトコト煮るのではなく、強めの火で煮ること!

かぼちゃに火が通ったら、バットなどの別容器に必ず移し替えること!

これがほっくり煮崩れ知らずのかぼちゃに仕上げるコツです♪

鍋の中に入れたままにしておくと、かぼちゃに火が入り過ぎてべちゃっとした感じになってしまうので注意ですよ(><)

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る