さんさん日記

【さとちゃんレシピ57】意外と簡単♪すぐできるサバの味噌煮

20分あればできちゃいます♪

こんばんは、食事班です。

今回のレシピはさんさんにお泊まりのママたちに好評なザ・和食の定番「サバの味噌煮」です♪

家庭料理の定番とも言えるお魚料理のひとつですが、煮魚って難しそうな感じがして苦手意識がある方もいるんじゃないでしょうか。

下処理はどうやって?生臭くならないの?長時間煮込むの?などなど…気になることはたくさん。

美味しく作れる方法が知りたい!そう考えるママが多いのでしょう。さとちゃんにレシピを聞いて帰るお客さんが多いです(^^)

でも実は意外と簡単♪手順通りに進めていけば難しいことはなく、しかも短時間でできてしまうのです(^^)

新鮮な生サバが手に入ったときには是非作ってみてほしいです♪身がふんわりとして生臭くないのでより美味しくいただけると思いますよ。

 

サバの味噌煮

強めの火加減で煮詰めるので短時間で仕上げることができますよ♪

スーパーなどで手に入るサバには「ゴマサバ」「マサバ」がありますが、これからの暑い季節には「ゴマサバ」を使うのがおすすめです。

「マサバ」は夏の間、味が落ちてしまいますが、「ゴマサバ」は脂質が少なく一年を通して味がほとんど変わらないんですよ☆

安くて美味しいですし、時期を選ばず使いやすいですね。

よくスーパーで塩サバも売ってますが、塩サバを使うとしょっぱいので必ず「生サバ」を使ってくださいね(^^)

冷凍の生サバでも良いですよ☆スーパーでも手軽に手に入りますし、食べやすいように処理してあるので忙しいママには便利です♪

 

材料(2人分)
  • サバ(ゴマサバ) 2切れ
  • 生姜 1かけ

≪ 調味料 ≫

  • 酒 50cc
  • 味噌 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1と1/2
  • 醤油 小さじ1
  • 水 200cc

生姜は皮付きのまま薄切りしておきましょう。

サバはバットに並べて10秒ほど熱湯に潜らせた後、冷水にとり血合いやウロコ、汚れなどを洗います。

この作業のことを「霜降り」と言い、魚の生臭さや煮崩れを防ぎます(^^)

 

フライパンに調味料をあわせ、生姜を加えて中火にかけます。煮立ったら皮目を上にして入れます。

 

煮汁が再び煮た立ったら、スプーンなどで汁をすくってサバにかけながら10分ほど煮詰めます。

汁をかけながら煮ることで、魚の表面が熱で固められ、旨味が逃げ出すのを防ぎます。

 

最後にサラダ油を入れ、とろみをつけます。

彩りに添える焼きネギなどがあれば、一緒に入れて味付けしちゃいましょう♪

 

煮汁がとろりとしてきたら火を止めて、器に盛り付ければ完成(^^)

焼きネギを添えて♪

ししとうなど色鮮やかな野菜を添えると美味しそうに見えますよ☆

 

サバの味噌煮を上手に仕上げるポイント

最後の仕上げにサラダ油を入れると、パサパサしがちな煮魚がしっとりとして美味しく仕上がります(^^)

パサパサな煮魚はとても残念なので…(>_<)仕上げはお忘れなく!

 

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る