さんさん日記

【さとちゃんレシピ59】ごはんがススム♪ぶりの照り焼き

手早くパパっと簡単に(^^)

こんばんは、食事班です。

今回のレシピは覚えておきたい和のお料理「ぶりの照り焼き」です。

甘辛タレでごはんが進むあの味…ふっくらと引き締まったぶりの身…想像しただけで美味しそうですね(^^)/

きちんと手順通り進めていけば意外と短時間で簡単にできるので、忙しいママやお料理初心者の方にもおすすめのレシピです♪

最近は海水温が上がっている影響で、ブリが北海道でも獲れるようになり安価で買えるようになっているので是非気軽な気持ちで作ってみましょう(^^)

 

ぶりの照り焼き

ぶりを焼いて、タレを加えて手早く絡めるだけのシンプルな手順でできますよ(^^)

ぶりはタレを加える前に完全に火が通るまで焼いてくださいね。

フライパンで焼き加減を見ながら調理できるので、味ムラもないので失敗しません♪

 

材料(2人分)
  • ブリ 2切れ
  • 酒   大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油  大さじ1
  • 砂糖  大さじ1 ※調味料は全部大さじ1でーす
  • サラダ油 大さじ1/2

ぶりはキッチンペーパーで包む様に軽く押さえて水分をとり、バットなどに並べて振り塩します。

10分ほど置いて生臭さのもとになる水気を取りましょう。あらかじめボウルにタレになる調味料を混ぜ合わせておきます。

 

フライパンにサラダ油を引き、弱めの中火で熱して、ブリをトンクなどではさみ、皮目をフライパンに当ててこんがりするまで2分ほど焼きます。

 

盛り付ける時に表になる部分を下にして並べ、2〜3分を目安にこんがり焼きます。

 

ひっくり返し、弱火にして4分程焼いて中まで火を通します。キッチンペーパーでフライパンの余分な油をふきとりましょう。

 

合わせておいたタレを加えて強めの中火で熱します。タレが煮立ったらスプーンなどでブリにタレをかけながら煮詰めて味をからめます。

タレが少しとろりとしてブリに照りが出てきら火を止めます。

 

器に盛り付けて、タレもトロリとかければ完成♪

 

写真はぶりの照り焼きがメインのさとちゃん定食♪

メインのおかずはしっかり、副菜はあっさり目。

この日のごはんは豆ごはん、厚揚げと青菜の煮物。

見てるだけでお腹がグゥっていいますね(^^

 

ぶりの照り焼きを上手に仕上げるポイント

タレを入れる前に余分な焼き油をきちんとふき取りましょう。

タレの味がぶりによく絡んで美味しく仕上がりますよ(^^)

 

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る