さんさん日記

さんさん助産院での沐浴♪

ある日のしーちゃん。さすがにお風呂の写真は載せられません(*^_^*)

ある日のしーちゃん。さすがにお風呂の写真は載せられません(*^_^*)

沐浴についてよくある質問。

「お風呂はパパ担当なんですが、自分で入れないといけないですか?」

さんさん助産院では、沐浴(赤ちゃんのお風呂)はママの体調やご自宅での生活スタイルに合わせて、①ママが入れる、②パパやご家族が入れる、③助産師がいれる、の方法を選んでいただくことができます。

もちろん、ママやパパ、ご家族が行っても、助産師が一緒にサポートします。

また、沐浴の場所も、ご自宅で行うことを想定して、できるだけそこに近い場所で行っていただくことができます。

しーちゃんの場合、早く帰れる日はパパが沐浴担当とのことで、一緒に宿泊している間はパパが沐浴することになりました(^v^)

最初は台所のシンクにベビーバスを入れて沐浴していましたが、ベビーバスが大きすぎて体が安定せず、パパもやりにくそう(・。・;

まだベビーバスも準備していないというので、洗面台で行ってみたところ、シンクの中にぴったりはまってしーちゃんもご機嫌(^O^)

ご自宅のシンクも同じくらいの大きさだったようで、しーちゃんの自宅での沐浴も同じようにできそうです。

パパも、仕事のため自宅に戻りますが、ここ何日間かの実践で、着実に腕をあげていて、今日は泣いていても動じることなく終始落ち着いた様子。

さすがに乙女なので、お風呂の写真は載せられませんが(-.-)

「家でも何とかできそうです」と少し自信を持ったパパと、お風呂上がりにママのおっぱいをもらって、満足そうなしーちゃんなのでした(*^^)v

 

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る