さんさん日記

マタニティクラス用ベビー人形をつくってみました(2)

キッチンスケール赤ちゃん人形の体重にリアリティを出すため、中に重さを計った砂を詰めます。

まずは設計図。実際の赤ちゃんに合わせて体のパーツごとに重さを配分します。 重さの単位はグラムになります。

 

 

300+300となっているのは砂を2つ入れると言う意味なんです。

300+300となっているのは砂を2つ入れると言う意味なんです。

IMG_2634

まずはお尻の縫い目をほどいて綿を取り出します。

IMG_2636

ほどいた口はこんなかんじです。

IMG_2637

絵的に悲しい感じですが、また詰めるのでちょっと我慢してもらいます。

IMG_2638

手足のビニールでできた部分は後から砂を詰めることができるように口を広げておきます。

 

 

 

 

 

 

 

こつこつと作業を進めて手足や頭部の口も広げて第2段階の作業は終了。

次は砂の入った袋を作ります。

関連記事

コメントは利用できません。

はじめまして


はじめまして。左から食事班のさとちゃん、院長の大友洋恵、助産師のなっちゃんです。みんなで楽しい子育てができるようお手伝いさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー

リンク

株式会社沼田工務店

<福利厚生委託契約>
株式会社沼田工務店

江別法律事務所:江別市で法律相談がありましたらお気軽にどうぞ。でんわ011-381-1911

ルスツ羊蹄ファーム:道の駅でカツサンドが食べれます

ページ上部へ戻る