【札幌市産後ケア事業】コ~くんがお泊りに来てくれました♪

お鼻がキュっと高いメンズです♪

助産院の中は、赤ちゃんがお泊りしているととても暖かく感じます。

室温も高めには設定していますが、赤ちゃんのオーラ?なのでしょうか?

金曜日からお泊りの赤ちゃんとママがいて、暖かかった今日のさんさん助産院。

朝起きたら雪が降っててビックリ!!

雪が積もると助産院前の駐車場が狭くなるので、根雪になるのはできるだけ遅い方がいいなぁと思っているわたしです(^^;

 

さて、今日は今週お泊りに来てくれたコ~くんのお話。

コ~くんのママは、授乳がうまくいかずお困りなのと、コ~くんのお世話で睡眠不足が続きお疲れ気味(>_<)だったので、札幌市産後ケア事業を利用してお泊りに来てくれました。

 

睡眠不足の原因になりがちな授乳。

ママとコ~くんとの息がなかなか合わなくてコ~くんが上手に吸えず・・。

搾乳したりミルクを足したりすると、一通り終わるまでには1時間以上かかり、終わったころには次の授乳が始まる・・。

お家ではそんな感じだったようです。

 

助産院に到着して程なく授乳の時間。

まずは、ママのおっぱいの状態をチェックしてちょっとマッサージ。

コ~くんの姿勢を整えて・・。

“パクッ、ゴクゴク” 保護器がないと吸えなかったママのおっぱいをコ~くん一生懸命に吸ってます(^^)v

飲み終わった後ママのおっぱいがフワフワになり、搾乳も必要がなくなってその後は足りない分のミルクを足すだけ。

1時間経たないで授乳は終了!(^^)!

「保護器を使うと吸われると擦れていたかったけど、これなら大丈夫そう」とママ。

その後はコ~くんは私が預かり、お昼寝タイムzzz

「久しぶりにゆっくり眠れました」とお昼寝後のママのお顔はスッキリ!!

お顔がスッキリするということは、いろんな判断も正常にできるようになるので、どんどん色んなことに前向きになれますね(^^

 

「日中はコ~くんと2人っきりで、パパ以外の大人と話すのは楽しい♪」とママ。

お食事中など顔を会わせる度に色々なお話をしました。

もちろん三度のご飯をママは完食で顔色も良くなっていくのがわかりました(^^

 

そして夜は、授乳以外はコ~くんをお預かりし、ミルクもわたしが担当。

今まではおっぱいを吸っている満足感がなかったのか、ついついミルクを飲みすぎていたコ~くんも、ママのおっぱいがしっかり吸えるようになってミルクを飲む量も安定してきました。

 

2泊3日の滞在中、ママとコ~くんの授乳も上手にできるようになりました。

「お家でも、おっぱい→ミルクの流れでやっていけそう」と心強いお言葉。

ぐっすり眠れて表情もかなりスッキリしたママ(^^)

ママのご機嫌はコ~くんにも伝わり、コ~くんもニッコニコ(^◇^)

2人の笑顔が、わたしが一番幸せを感じるときです♡

これからも、ママと赤ちゃんが笑顔になれるように頑張ろうと思ったわたしでした。

 

さんさん助産院の産後ケア入院は、ママと赤ちゃんが笑顔になれるように、お2人に合わせたプランを考えていきます。

札幌市に在住で条件に当てはまる方は札幌市産後ケア事業がご利用いただけます。

利用条件やケア内容については、お気軽にお問い合わせくださいね(^_-)-☆